自分から動かなければ何も始まらないんだ!<新年の意気込み>

明けましておめでとうございます!

今年もブログを継続していきます。最近月一以上のペースで更新できていて良い感じです。
今年で7年目です。ブログは継続できていますねw (えっほかには?)
今年もよろしくお願いします!

さて、一発目では去年までの大反省と将来(もちろん今日から)への意気込みを熱く語って行きたいと思います。

去年はどんな年だったのか

去年の一年間は結局何一つ大きなことを成し遂げられないどころか、日頃の成果も全然出てないような非常に残念な一年間でした(個人の感想)

まあ去年はおろか実は私には動画投稿者になるという高専1年生の頃からの目標とかとかいろいろとやりたいことがあるんですが、全く以てして成し遂げられていません。残念無念また来年と毎日のように先延ばしにした結果塵も積もれば山となるで、何年も経てこの平成最後のお正月になってしまっているわけです。

私の中では、この頃には〇〇はできるようになっているだろうみたいな希望的観測のようなものがあって、これを持ってここまできてしまったんですが、最近「この頃」の時期に差し掛かってきて結局昔と何一つ変わってない部分が多すぎて全然できてないじゃんという自覚が生まれてきました。これは研究に限った話ではなく、いろんな事に関してです。

研究に関してはこの研究室にいればこの分野に関する周辺知識を自然と身につけられるだろう、誰かが教えてくれるか資料を提示してくれるだろうと思っていました。しかし、現実のそれは思っていたよりも遥かに不十分でした。提示された資料は論文みたいな一つの事柄に対しての文章量が非常に多い資料だったり、論文より困ったのは話が一文章に閉じていない情報がバラけているようなもので、「知識の習得」という目的には適さないものばかり提示されましたし、そもそも提示される場合は良い方でこれ自体の総数も以前の研究室に比べると全然ありませんでした。まあ実は昨年度の現研究室の新配属の皆さんには勉強会があって、私の代ではなぜか(院生だけだったからか人数が少ないからか)育児放棄されていたので、この件については結構不満なんですけどね。こんなんだから遅れを取っているんだと言いたくなりますが、それ以前の院から来た先輩は何もしなくても本当に自分で全部調べて出来ていたとかいう話を聞かされたので、これが本当なら少しは憂慮できますけど。ただ、上記の件について不満なのは昨年度は存在した支援が今年度無かったという事実に関してです。そして、この支援が無ければ何一つ自分で作業を始めることが出来ないというのも困ったものだということで前述の話題。

実はな

実は立ち止まって考えてみる切っ掛けが年末にありまして、教授に進路について相談をした時に研究に対する姿勢について(怒られたわけでは決して無いですし、言わんとしていた言葉に出来ない何かも理解できましたが)いろいろ言われたからだったりします。

実際に自分でも自覚はありました。去年の私は頑張ったときでも4分の3程度しか研究に対して本気を出していないと。ただ、前期の時点で既に調子が悪くなって、無気力(半ば抑鬱状態)になってしまったこともあり、どうしたら良いのかぶっちゃけわからなくなっていました。

尤も研究に関しては上から降ってきたもので、自分が考えた研究、もしくは自分が進んでやりたいと思っていた領域の研究ではないので、モチベーションをいきなり上げろなんて無理に決まってるんですが、今回は話からモチベーションを抜いても、8ヶ月という時間はあったしある程度いろいろやっていたはずなのに、自分の研究の着手にあたって習得できた知識がそもそも少ないことが問題です。

私の大学院進学の大きな理由は、これまでまだ学んでいない知識の習得です。特にハード寄りの、低レイヤーの知識を身に着けたかったので進学しましたし、今の研究室にも配属を決めました。コンピュータアーキテクチャの知識を深めたかったし、高速化に興味があったので今の研究室に来たのです。

ようやく反省

ここまで書いたことを振り返ってダメだった点は、まず研究室に配属されてから受け身過ぎたことだと思います。将来的にもこのままだったら新しい仕事なんて絶対にできないし、埒が明かないと思います。自分から動いて必要な資料を手に入れたり、情報を仕入れるということはしていましたが、どこか中途半端な感じは否めなかったので、もっとちゃんとやるべきだったなと思います。

また、いつかやるというのも良くない癖で今すぐ直すべきだと思います。私は結構やろうと思うことはポンポン出てくるんですが、そのたびにタスク管理アプリに投げて、そのまま放置しがち。そうやっていつか時間が空いたらできるだろうと、甘く見積もっていると結局時間なんて出来ずに達成できないままもう一年過ぎてたとかいうことになっているんです(特にゲームとか)。かといって、本当に時間がないかといえば結構雑に時間を使っていることもあったり、割り込んできた他の人との付き合いとか急な用事もなんだかんだこなせているので、要するに時間は作ろうと思えば作れるもんだということを振り返ってみて改めて思いますね。なんというか、優先順位の問題な気もしてきますしね。

そして、研究に対する予備知識の無さも日を追うごとに問題として顕在化してきました。実はこれが一番の悩みの種でどうしたら良いのか本当に分かりませんでした。でも結局は、心から今の分野に興味を持つことしか無いのかなと思っています。私は今までこの研究室で、あんまり役に立たないだろうとか、ここを出たら何に役に立つんだろうとか思ったりして、空元気な状態で取り敢えずその場しのぎで最低限覚えておく、というようなこともあったりしました。でもそんな状態だと結局覚えたことも蒸発して行っちゃって記憶が定着しなかったりするのも自覚があるので困っていました。何事にも興味を持つことが最大の武器なんだなと思います。

これ、実は研究以外にも思うところがあって、結構自分のやっていることが時間の無駄に思えたりして、集中できなかったり、真の意味で楽しめていなかったりすることに最近になって自覚しました。私は結構時間が勿体無いと思ってしまう癖があるのですが、集中していればそんなの気にならないと思います。興味を持ったら自然と集中すると思うので、やっぱり興味が大事ですね。

そのためには、モチベ以前に興味の向上。でもさらにその前に興味を持つきっかけを作る。急がば回れです。

今年以降の意気込み

というわけで、今年以降は何事も何かしらに役に立つと思って集中力を注いで、常にやっていることに興味を持って楽しんでいきたいと思います。何事もそのように思えるように、まずは自分の大きな人生目標に対してそれがいかに役に立つかを結びつけて興味を引き出していきたいと思います。元々損得勘定なんでね。

ここに居ればきっとできるようになるだろうとか、環境に依存したり受け身で居たらダメです。今年以降はより一層、能動的かつ積極的に動いていきたいと思います。それには失敗しても死なないから大丈夫くらいに楽観的に考えておくことが大事だと思います。

そして、時間は無いんじゃなくて作るもんだと認識して、何事にも集中して取り組みたいと思います。