なぜ博士を取りたいのか?

技術的な話じゃないので迷ったけどこっちに書きます。

私はアカデミックに直接残るつもりは無かったりします。

でもならなんで就職するのに博士を取りたいのかと聞かれる事が多いです。

それで、多分自分の頭の中にある将来の見通しとかを話してもふわっとしてると思うし理解されないと思うので困ってしまうんですが、この際、明文化しておこうと思います。

私は博士を世界共通の教員免許だと思っています。なので、博士取得のメリットはいつでもアカデミックに帰ってこれることだと思います*1。そして、そのときには自分の裁量で研究できると思います。

私自身、アカデミック自体は嫌いじゃないです。

それなのになんでアカデミックに残らないのって思うかもしれませんが、研究員は給料も低いけど何より自分に裁量が無いことが多いのでなりたいと思わないんです。そうじゃなくても給料が低い(無限ループ)
博士を出たばかりのポスドクの場合、分野や雇われ先にもよると思いますが、基本的に誰かの下で研究することになると思います。でも、下積みみたいなのってあんまり性に合わないです。

あと、現時点(修士課程修了時点)で職に就いても働くことにあまり意欲的になれないと思っています。 それは8時間労働も厳しいし、自分のやりたい仕事に自分の裁量を持って就くことができないと就業が辛くなることを経験済みだからです。自分のやってて楽しい仕事なら8時間労働でも苦にならないと思うんですが、8時間も労働していると結局仕事だけになってしまうので、それもちょっとあんまり良くないかなと思っています。

その点アカデミックでは、教えることについても研究することについても自分の裁量でやりたい分野ができるから理にかなってると思うんですけどね。でも指導要領がない大学とかじゃないと多分自由に教えられないから合わないと思いますけど。

そのうえ、自分にはまだ実力が足りないと思っていて、今のままじゃ仕事で最大限自分の力を発揮できないような気がしていました。

元々、研究職で自分のやりたいことをやるのが人生計画のうちにあるので、進学しなかったら惜しい気持ちが出てくると思います。修士でも研究職に就くこと自体はできますが、自由にできるか(裁量を与えられるか)はまた別だと思っています。企業に入って企業側から博士を取ることを支援してもらえる場合があるのもわかってはいますが、どの程度できたら支援してもらえるのかわからないですし、他人の評価が無いと行かせてもらえないのはなんか不服です。

以上は、現時点の話です。

なんなら本当は1年間進路を考える時間が欲しいです*2。自分の本当にやりたいことが何なのか分からなくなっているので考えたいし、普通に正社員として働きながら考える余裕は多分無いからです。そう、実は今最も悩んでいるのは、(CSという枠の中で)どの分野で博士を取るかだったりします。上記の経緯なので博士自体は取りたいんですが、自分に合った、やっててワクワクする内容でなければ博論を書き始めるまでの最低でも2年半が続かないかもしれないからです。その点、現在の分野でちゃんとやっていけるのか実は不安*3だったりするので、他の大学院も視野に入れてどの分野が自分にとって面白いか、博士を取れるネタを研究できるか検討しています。

とは言え、1年間確保するのは、親に文句言われるのはともかくとして、その間の生活費をどうするのかとかありますから、難しいです。逆に言うと、生活費が確保できるなら修士取得後に本当に1年くらいブランクを取るつもりでいます。8時間労働でなくても、裁量労働だったり在宅勤務だったりができるお仕事があると思うので、もしそういう職場の方が居たら是非お声掛けください。

どっかに書いておかないとなんで博士課程に行こうと思っていたのか忘れてしまうかもしれないので書いておきました。

なんで?が主眼なので理想しか書いてない気もしますが、そういう記事ってことで。

Bye

*1:受け入れ先があるかって話はあれど。それに一昔前と違って修士で国内の大学の教員になるのは厳しい

*2:一番手っ取り早いのは休学

*3:院進する前のイメージと違って、あんまり新しい道を切り開いていく分野ではなくなっていて、最適化プログラミング手法だったり、単純に既存のデバイスを増やすだけだったりして、技術革新的な内容があまり無いと感じる。私はクリエイティングするだけじゃなくて、イノベーションを起こしたい。