学生でいる間になにか成果を残そう

今日も1限のTAをギリギリ遅刻しました。ieOBのまゆつなです。

琉大情報工学科(知能情報コース) Advent Calendar 2018 - Adventar 3日目です。 adventar.org id:anatofuz くんに誘われたので飛び入り参加。ネタは色々とあるんですが、あれよこれよと心配するような内容だったり、詳しく書くと結構労力が掛かる内容だったりして(Web○epo☆彡の実装周りの話とか)悩んでる間に話すネタが浮かびました。

突然ですが、何か自分で開発しているものはありますか?


現在私は就活というものを始めています。正直な話進学するか就職するか決まってないんですがとりあえず逆求人に一昨日応募して、今絶賛準備の最中です。

逆求人を受けるに当たり、プロフィールを入力することになります。私は就活アドバイザーなる人があんまり好かないのですが、あの人達風に言うと自分をアピールするフォームが用意されているわけです。

もちろんプログラミングなどの技量、スキルもアタック力抜群ですが、過去の制作物も就活突破アイテムになります。ここにはただ机上で勉強していただけではない自主的な開発姿勢、自分で開発を進められるスキルレベルも見たいという企業側の思惑があるんだと思います。

ところで ie の学生は結構チーム開発や制作が講義に組み込まれていることが多いので、書けることが多いと思います。実際に私も講義でやったことをいくつかプロフィールに盛り込んでいます。しかし、ie の中ならみんな同じようにプロフィールに書けます。就活は全国区なので結構いろんなアピールポイントを用意している人が多くて圧倒されたりします。

そこで、学生の間に何か制作物を作って成果を残すことをおすすめします。タイトルに学生とくっつけたのは今自分の置かれている状況下から就活を主眼にしているからですが、できれば生涯通して就活後もやったほうが良いと思います(転職のために)。

別に制作するものは何でも良いです。一人でもチームでもいいです。人数に関してはチームと個人の経験が両方あったほうが個人的な意見としてアピールになると思います。それぞれ違った苦労があるからです。

でも自分に何ができるんだろう?自分の駄作を公開して大丈夫かな?

とにかくなんでも良いから作ってみることが大事です。多分誰しも何かしら作りたいものはあるはずだと思います。なければ日頃から不満点をメモしたり、これはここを改善したらもっと良くなるのになぁなどの妄想をしていましょう。する癖を付けよう。アナグラくんのGitHubを見てくれ。凄いリポジトリ数だ。

AnaTofuZ (AnaTofuZ) · GitHub

私の例を紹介します。

みんなおなじみのウェブコンテンツ評価アプリ「WebRepo☆彡」

qiita.com

チュートリアルが禄に無いけど発想と機能だけは自慢できる3Dハイパーリンク化ライブラリ「3Dink.js」 qiita.com

現在 enPiT でもウェブアプリを開発中 github.com

特に個人開発はこんな駄作でも一応世に公開しているので、誰かのもとで活躍しているかもしれない。デプロイしてある、使える状態のものはすなわち「成果」なのだ!ライブラリを使ってくれている人と話ができたときは嬉しかった。

開発を進めるには勢いと波に乗ることが大事。一度やりだしたら止まらないもの(きっとそう)。積極的になれない人の方が多いのが日本人だけど、こうしている今もネット上では世界の学生が日々ちまちまと制作を続けている。作る前から迷ったり不安になっている場合じゃないんだ。

今の研究室では今まで自分のやってきた成果が馬鹿みたいに評価されませんが、周りに評価されようがされまいが関係ありません。モチベーションを上げるために周りに評価してほしいなら自ら自分の成果を宣伝していきましょう。

中には中身がないなどと言ってこういったとりあえずなんでもやってみるやり方にケチを付けてくる人がいるかもしれませんが、そんなのに負けず、批判を恐れずやりたいことをどんどんやっていきましょう。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるし塵も積もれば山となるんです。


あんまり中身のある記事になりませんでしたが、実質即興なので勘弁してください。オナシャス

では皆さんぜひ私の今後の活躍に協力、応援してくださいよろしくお願いします(!?)

当然私も声を掛けられたらいろんなことを協力したり携わったりして凄いことを実現していきたいのでなにか面白そうなことを考えている人は是非声を掛けてください!よろしく!!